A Simple Pattern is the Best

I finished firing my Imari plates a couple days ago. I’ve fired my over glazed conditioned Imari plates with 780 degree Celsius. Although I’m Japanese, and I’m used to looking around many Japanese painting, somehow to paint with a Japanese style is the most difficult for me. I guess that’s because most of Japanese styles seem to be very simple, on the other hand they need high painting techniques for painting.

My Imari plate with a Takokarakusa pattern

My Imari plate with a Takokarakusa pattern

My Imari plate with a Takokarakusa pattern

My Imari plate with a Takokarakusa pattern

My Imari plate with a Takokarakusa pattern

My Imari plate with a Takokarakusa pattern

My Imari plate with a Takokarakusa pattern

My Imari plate with a Takokarakusa pattern

I love the old Japanese pattern, called “takokarakusa” in Japanese. I think we can see the similar pattern all over the word. It is called Arabesque in some European countries and Arabic countries.

http://en.wikipedia.org/wiki/Arabesque

Although it is very interesting,  I sometimes receive some comments, “Your penwork is beautiful!”.  I haven’t penworked. All my painting except one are with some brushes including this Japanese painting style, an American style and a European style. Since our painting style were accepted to some European countries like German, they’ve changed our style. European painters have painted with our techniques with their pens, but we haven’t. All Japanese painting are painted with some Japanese brushes.

To tell you to the truth, I painted my first Takokarakusa plate with under glaze condition. However, it was broken.

My broken Takokarakusa plate

My broken Takokarakusa plate

I was upset, shocked and disappointed at it a lot at the time. It takes a long time for me to paint the blue Takokarakusa.  Since I started to paint it again, I hope I can show it as soon as possible.

28 Responses to “A Simple Pattern is the Best”

  1. Satomi Totten Says:

    To Kumiko-sama
     素敵ですね。もしや岩永先生のクラスをお受けですか?私も唐草模様が大好きで染付けでも上絵付けでもたこ唐草をいっぱい描いています。これを見て嬉しくなりました!同志です!東京教室でしょうか?それならMIEKO(伊藤さん)とも一緒でしょうか?それなら宜しくお伝えください。違っていたら失礼をお許し下さい。

    • トッテンさん、お名前ですぐにわかりました。大阪教室でご一緒でしたよ。コメントどうもありがとうございます。最近お見かけしないので、どうなさったのかなぁと思っていましたが、先生から京都でも教えていると伺ったので、そちらへ行ってらっしゃるのかなぁと思います。また、是非、大阪教室でお会いできるといいですね。そのときは、是非、声かけてくださいね。 -Yumi

      • Satomi Totten Says:

        昨日、岩永先生に確認してお顔と名前が一致しました。やはり大阪と京都両方はちょっと大変なので今は京都で月一回の有田教室です。
        他にもいっぱいやってらっしゃるみたいですね。びっくり!
        たこ唐草、私も色んな色で同じお皿と蕎麦ちょこを描きました。唐草は
        わたしの大好きなパターンです。洋絵付けにも応用しています。
        三月のサンアートの作品展、出品されますか?見に行こうと思っていますが・・・!     里美

      • わざわざ先生に確認とってくださったんですか?私存在薄いので、ピンとこなかったのですね(笑)。

        和絵付けと洋絵付けしかしていませんよ。トッテンさんと同じです。トッテンさんに大阪でお会いできなくなったのは、さみしいですが、また、どこかで私を見かけたら是非、声をかけてくださいね。

        3月の作品展は、東京である認定者の作品展のことでしょうか?もし、そうなら、私は、認定を取っていませんので、出展できないんです。私も東京のおけいこの時と重なれば、東京のお友達と一緒に見に行こうかな・・・・・。

        こちらは、雪で大阪へ出られるかとても今不安です。コメントどうもありがとうございました。また、是非ときどき、覗いてみてくださいね。 -Yumi

  2. These are beautiful dear Yumi. Simple patterns can be difficult one too sometimes… They are all so compliacted for me. You painted so nicely and wonderful colours… I am sorry to hear that was broken. I can almost feel you, but I am sure you can make another one… Maybe this time it would be more beautiful. Think positive. Have a nice and enjoyable time, Thank you, with my love, nia

    • Hi, nia. How are you doing today?

      Thank you so much for taking a look. Thanks as always for the wonderful comment! I agree. Simple patterns sometimes become difficult. A Japanese painting style is completely different from a Western style. I’ve thought we drop colors from a Japanese brush when we paint. That’s the Japanese style. On the other hand, we push a brush on the surface when we paint. That’s is the Western style.

      I’m used to paint Western style because since we are kids, we’ve painted with the style at school. Dropping some colors is so hard for me. However, the Japanese style is really fun!

      Yeah, I also would love to believe that I will be able to paint better than ever on the plate that I’ve been painting.

  3. はじめまして。この春のミシガンで催されるセッションのfacebookでお名前をおみかけしました。私も参加します。日本人の方が参加されてるとは知りませんでした。私は都合でセカンドセッションだけしかいけないのですが、どこかでお会いできるかもしれませんね。

    • こんにちは、Akikoさん。コメントありがとうございます。ミシガンの学校は小さいので、お食事のときなど必ずお目にかかれると思います。他にもう一人、参加される日本人の方を知っています。よろしくお願いしますね。私は、いつもゲイとエミリーと一緒にいると思いますので、是非是非声をかけてください。 このブログのエントリーに関するコメントもよろしくお願いします。 -Yumi

      • 多分・・だと思うのですが、ゲイ、エミリーともに面識があると思います。お2方が私を覚えてらっしゃるかどうかは分かりませんが・・・Barbara Jensen先生のスタジオでしばらくご一緒してました。(彼女らはしばらくしていらっしゃらなくなりましたが)

        そうですか!他にも日本人の方が参加されるのですね。yumiさんは日本にお住まいのようですが、もうお一方も日本からいらっしゃるのですか?きっと日本人は一人かな?なんて思ってたので嬉しいです。

  4. ゲイからバーバラのところへたくさん日本人が習いに来ているよと聞いたことがあります。私もいつか行けたらいいなぁと思っていたので、また、そのお話を聞かせてくださいね。私は、日本在住で日本でヨーロピアン習いながら、ときどきアメリカで自分の好きなスタイルを受けています。もう一人の方も日本在住の方です。(私と違って本など出してらっしゃるとても有名な先生です。)一緒に参加するわけではないのですが、去年アリゾナの学校でお会いして、ミシガンのことを話したら、参加を決められました。以前は、何人も日本人がミシガンの学校に参加していたようですが、このところ、あまり日本からの参加はなかったようです。私は、去年初めて参加した(おととし、アリゾナの学校で、ゲイとエミリーと初めて出会い誘ってもらいました。以来とてもお世話になってます。ゲイは私のアメリカの母です。)のですが、去年は、私一人でした。

    また、是非、ブログの記事についてのコメントも書いてくださいね。英語で書いているせいか、日本からのアクセスはアメリカの次に多いのに、コメントは全く来ないものですから、誰かが日本語で書いてくださったら、日本からのコメントも増えるんじゃないかなぁと期待しています。-Yumi

  5. そうですか、やはり以前にお会いしたことのあるゲイ、エミリーなんですね。以前はバーバラのところに日本人がたくさんいましたが、ここ2年ほどは私一人です。というか、生徒さんの数自体が激減しています。やはり不況の風は厳しいのかもしれません。
    バーバラはいつもアメリカ中を飛び回っているので、私などは1年の半分も習うことは出来ないのが玉に瑕です。今回私はセミナー、初めての参加なんです。毎回参加しようと思いつつできずにいました。いろいろ教えてください。

    他の作品も見せていただきました。とてもお上手ですね。いろんな手法や種類の絵付けをされているのが羨ましいです。
    私も一応webあります。本当に拙い作品ばかりですが、よかったら覗いてください。

    • アメリカでバーバラのセミナーを一年のうち半分も受けることができるなんて、とても羨ましいです。(私は、まだ、一度もバーバラ・ジャンセンのクラスをとったことがありません。)こちら、日本でも絵付け人口は下降の一途をたどっています。アメリカでも、若いペインターさんに会わないし、ゲイやエミリーは、絵付けは死にゆくクラフトだから・・・・・・・なんていいます。多くの優秀なペインターが亡くなったよって。日本は、まだ、アメリカほど高齢者のしている趣味ではないように思いますが、ほとんどのペインターさんは、私より年上です。これから、是非是非絵付けの世界を盛り上げたい!ものです。こちらこそ、これからよろしくお願いします。ブログ拝見しました。あとで、そちらにコメントさせていただきます。私は、まだまだ修行中の身ですが、こんな私のブログでも誰かの目に留まって、いいね!と言っていただけるのが、とても励みになっています。一週間に一度は更新しておりますので、これからも是非是非覗いてください。コメント、お待ちてます!これからも、どうぞよろしくお願いします。-Yumi

  6. おはようございます。ご訪問ありがとうございました。
    朝起きて、一番にチェックしちゃいました(笑)。

    作品が割れてしまうというのは私にとっても初めての事で、本当に悔しいですよね。割れてしまったものが時間がかかっていればなおさらです。この割れてしまったものは最近の作品だったのですか?
    細かい作業だということが一目りょう然、これだけのものが割れてしまったというのは想像に余りある悲しさだったと思います。

    この作品は一定のパターンを自分で描き広げていくのでしょうか。
    忍耐のいる作業は大変ですが、出来上がったときの喜びもひとしおだと思います。また是非このような作品、見せてください。

    • おはようございます(笑)。こちらは、今、朝です。そのタコ唐草のお皿は、今年一番のエントリーにしようと思っていた最新作でした。同じパターンの繰り返しは、私には本当につらいです。私は、お見本通りに描くより、自分で思った通りに自由に描く方が好きです。また、和絵付けは、niaにコメントしていますように洋絵付けとまったく違います。ブルー一色で描くのもとても目が疲れます。などなど、いろんな理由から、大変苦労した一枚でした。主人が、アメリカへ行って怪我するより、お皿が一枚身代わりになってくれたと思えばなんてことないじゃないと慰めてくれました。本当にそう思います。実は、この2月にジョージアへ行きます。
      すぐに完成は無理でしょうが、必ず、完成すればエントリーに載せますので、そのときは、是非また見てやってください。

      • おはようございます。(いつもお互いがおはようですね・笑)
        和絵付けについては全然知識がありません。筆遣いが違うようですね。重力?を利用して描く感じでしょうか。
        パターンは自由に作って描かれていたんですね。こういった模様だと模倣するほうが難しいかもしれませんね。
        タイビーにいらっしゃるんですね。バーバラも行きますよ!
        そうそう時を同じくして、4月のセミナーに関して事務手続きの事でエミリーからメールがあって、いろいろやりとりしました。
        皆で会うのがますます楽しみになりました。

      • こちらは、こんばんは!です(笑)。水墨画もそうだと思うのですが(やったことがないので定かではありませんが)、筆から絵具を垂らす感じで描いていくんです。洋絵付けとは全く感覚が違います。私は、有田と九谷焼き両方の絵付けを習っているんですが、九谷焼の方がもっとそれが顕著です。おもしろいですよ。洋絵付けの方は、自由に製作していますが、和絵付けに関しては、デザインが難しくて(私がデザインするととてもモダンなものになります。イギリス人の友人に送ったカップが私のデザインです。ブログエントリーで探してください。)いつもは、古伊万里や古九谷を真似しています。

        そうそう、バーバラも教えに行きますよね。私は、ジェーンのポートレート、アルフォンゾのドレスデン、それからフィリッペの動物のクラスをとります。ゲイと一緒に行くので、先にミシガンにより、一週間ゲイんちで過ごしてから一緒にタイビーへ行きます。そのときにミシガンでエミリーに会う予定です。今度やりとりされるとき、Yumiがよろしく言ってたと伝えてください。すっかりご無沙汰してます。カレンダーがバーゲンになったから、どんなのが欲しいかメール頂戴と言われてたのを今思い出しました!いい加減な私です・・・・。私もあとで、メールしておこう。

        明日、ゲイとFacetime(iPadのアプリでスカイプのようなもの。テレビ電話のようにお互いの顔を見ながらフリーでトークできます。)で話すので、そのときにAkikoさんのことを覚えているか聞いてみますね。

  7. I liked them
    there are simply well painted and beautiful🙂
    I can’t decide which one is better ^^

    • Hi, Daisy. Thanks as always for taking a look and leaving such wonderful comments! I’m happy that you like our traditional pattern. I guess you also have kinda the similar patterns like us. So, maybe you are used to seeing them.

  8. こんばんは!伊万里のカップアンドソーサ、見ました!あれをデザインされたのですか?素敵です。何かお手本になるデザインを参考にされてでしょうか。日本の絵付けも面白そうですね。
    ところでまだ全部ではないのですが、いろいろエントリーを読ませてもらいました。いろんな種類のものを描かれてらっしゃるのに驚いています。ペースも早い!
    そうそう、去年のミシガン、Beatrizともお友達になってたんですね。私も仲良くしてもらってます。今年のコロンビアも彼女にフライヤーを見せてもらって、参加を決めました。あ~本当に楽しみです。

    • おぉ!!! Beatriz! そうなんです。彼女と2セッションとも一緒でした。彼女に聞きたいことがあるのですが、メールアドレスをなくしてしまい、連絡が取れないでいるんです。彼女から日本の筆を頼まれているのですが、こんな場所ですみません。彼女に聞いてもらえませんでしょうか。筆がいるのかどうか、それから、今年もコロンビアへ行くかどうか。もし、参加するなら、筆をコロンビアで渡したいと伝えてください。できれば、このブログ、彼女にシェアしてもらえると嬉しいです!彼女にも、コメント待ってるよ~!!!と伝えてください。ほんと、It’s a really small world!ですね。

      そうそう、デザインするといっても全く何もないところからは、できません。見たこともないものを描くのは、人間にはとても難しいです。もちろん、デザインソースは、ありま~す。私は、slow painterなのですが、このブログのおかげで、毎日何か描いてます。

      昨日、エミリーからめっちゃくちゃ長いメールが来ました。読むのに、約30分かかりました。エミリーは、ものすごく書くのが好きなのと、私がよっぽどメールしていなかったので、言いたいことがたくさんあったみたいで、すごい量のメールでした。まだ、返信してませんが、同じ長さのメールを”仕返し”に返したくても、私には無理だな・・・・・・・・。日本語だったらできるのに、悔しいです。でも、私のわけのわからない英語をいつも辛抱強く読んでくれる、エミリーには、感謝です。Akikoさんのことを覚えていたみたいです。ただ、日本人3人の中でどの人か特定はできないけれど、と追記してありました。彼女もAkikoさんに会うのをすごく楽しみにしているそうです。私も、もちろん!です。

      他のエントリーも見ていただいてどうもありがとうございます!!!!日本人の書いた英語を読むのは、読みにくいでしょう。表現が適切じゃないので。私も他の日本人の書いた英語を読むのは、読みにくいです。読みにくい英語を読んでくださってどうもありがとうございます。

  9. こんにちは!Emilieはメール好きみたいですね。
    実はEmilieとは私が今度のコロンビアのデポジットを送った(はず)のに、届いてないという事でメールが来たんです。
    私も送ったことになってるのに、先方には見当たらない・・・そこでこういう場合はいろんなケースがあると、わざわざ自分の体験例などをメールしてきてくれました。親切な人だなぁ~って思ったけど、筆まめな人なんですね(笑)。
    結局どこを探してもみつからない、でも小切手が換金された様子もないので再送しました。もちろん届きました!というご丁寧なメールもいただきました。yumiさんの事も書いてありました。皆で会えるのが楽しみだと!

    仕返しに・・・分かります~(笑)私なども何年海外に住んでも、英語で話すことはもちろん、書くことは苦手です。日本語ならまかせて!なのに(笑)。

    Beaにはメールしておきました。ここのURLも書いて置きましたのできっと来てくれるのでは??
    そしたらメルアドも分かりますものね。

    • こんにちは。エミリーがメール好きかどうかわかりませんが(ゲイのようにしょっちゅう、小さなメールを送ってよこすわけではないので、)ただ、こちらからコンタクトをとると必ず、長~いのが返ってきます。昨日、エミリーのメールが長いから読むのに一日かかった。返信に一日かかったのは、ずぅっと読んでたからだよと皮肉ったら、めっちゃ短いのが来ました。これで、さっさと読むのを切り上げて、絵付けに没頭できるわね!と書いてありました。エミリーは、とても皮肉屋さんです。ときどき、どんな内容のサーカスティックなことを言っているのかわかりませんが、かなり皮肉屋さんだと思っています。

      ビーにコンタクトをとっていただきありがとうございました。こちらにコメントくれない限り、ビーのメルアドわからないのですが、どうか、そのうちに何かコメントをくれますように・・・・・。

      昨日、ゲイと話しました。Akikoさんのことを覚えていると言っていましたよ。もちろん、Akikoさんがコロンビアに来ることも知っていました。久しぶりでFacetimeで話しました。

      海外に住んで英語が身近にあるAkikoさんが私はうらやましいです。私は国内転勤族で、日本中転勤していますが(だから、海外赴任がいいとは言いません。それはそれでとても大変だと思っています。)、日本から出たことがありません。英語も独学で勉強しています。だから、アメリカに住んで身近にアメリカ文化を感じられるAkikoさんをとても羨ましく思ってしまいます。たぶん、隣の芝は青く見える、なんでしょうけれどね。

      • こんにちは。
        ゲイが私のことを覚えてくれてるんですか?それはびっくりです。あの時には何人かの日本人がいたので、きっとone of themであろうと思っていたのですが(笑)。
        といっても私もゲイ・ケイ・エミリーの3人の判別がつくかは微妙です。おぼろげにしか覚えてないので(苦笑)。
        英語での文章は聞き取る以上に難しいときありますね。簡単な単語を使われるほど分からないときも多いです。

        海外赴任といっても昔と違い、情報もあふれていて、全く英語が話せない人でもぜんぜん大丈夫な世の中になりました。
        自らを英語環境に置けばもっと上達するだろうなぁ~と思いつつ、週に2回バーバラのところに行くのが精一杯です。そこでだってずっと話をしているわけではないですからね。しかも1年の半分ほどだし。
        実のところ私自身が子どもの頃から親の転勤で各地を転々としていたので自分はそういう風にはなりたくない!って思いながらこんな事になっています。そして・・・この夏前にはドイツに転勤になります。これで3カ国目です・・・・まだまだ日本は遠いです(苦笑)。

        タイビーに来られる前にゲイのところに滞在されるとか。
        エミリーの話によれば時差ぼけ解消のためだそうですね。
        是非連絡ください。

        ビアにメールしたけど、私にも返事はありません。こちらにも書き込みがないですし。もし何もレスポンスなければ私にメールくだされば彼女のアドレスを転送します。もしくは今週バーバラのところで会うので聞いてみますね。

      • ゲイは、覚えているといったけれど、たぶん、エミリーと一緒でポイントアウトはできないと思います。そうそう、ケイも一緒に行ってたんですよね。エミリーは、自分たちがどういう風に途中でバーバラのクラスをドロップアウトしていったかの経過を長~い文章で説明してくれていましたよ。

        ドイツ!ヨーロピアンの方がアメリカンより好きな私は、本当は、ヨーロッパ圏へ絵の修業に行きたいんです。でも、英語しかわからないので(大学時代に第三語学でドイツ語勉強したんですが、もうすっかり忘れています)、しかもアメリカ英語の方がイギリス英語より得意なので、どうしてもアメリカへ飛んでしまいます。(一人旅なので、言葉がわからないとやっぱり不安です。)英語以外のヨーロッパ圏の言語がわかれば、絶対にヨーロッパへ行きたいです。だから、めっちゃうらやましい!!!!!今回、タイビーで取るアルフォンゾも英語まったく話せないそうで、一緒に取るアメリカ人のクラスメートたちが、彼の言葉を英語に通訳してくれるのを頼みにしています。フィリペは、是非英語が話せますように・・・・・。ゲイは、アンドリューのクラスをとるので、一緒にならないんです。

        タイビーの前にゲイんちに一週間お世話になります。時差ボケとるためというのは口実で、2人でアンティークショップめぐりするためだったりします^^。ビーからなんかアクションがありますように!まだ、コロンビアまで3か月あるので、気長に待ってみます。でも、私のメルアドをAkikoさんにお知らせしたいので、あとでメールします。こっちで連絡しあうより、メールでの方が都合もいいですしね!

  10. Hallo Yumi, in former (1720…) time the European Manufaktur in Meissen has also painted with brush and not with pens. The metall pens where used much later because of economize time. The painting could be a bit cheaper. I like painting with brush, but it is more heavy to paint. It looks with more live.
    Compliment from Erika Bemme

    • Hi, Erika. Thanks for the comment. I didn’t know that! Thanks for teaching me about it!!

      Actually, it doesn’t matter for me if the painting is painted by a pen or a brush. If it looks more pretty even if the piece is painted by a pen, it is much more important for painters. We don’t have to compete our skills with pens or brushes. I try to have to show our pieces more beautiful.

      I also prefer painting with my brushes🙂

  11. Me gusta tus porcelanas , los diseños son preciosos y este en azul me gusta mas . Saludos dede España

    • Oh, Dios mío! Muchas gracias por el maravilloso comentario, Santigao. ¡Qué buena persona es usted! Cualquier lanague está bien para mí. A pesar de que no se puede entender el español, lo puedo traducir al Inglés con un traductor de Google. Por supuesto, su Langauge ha sexos. Por lo tanto, creo que a veces extraño para usted, sin embargo. He estado poniendo al día mi entrada en el registro cada semana. Por lo tanto, por favor, tenga en los ojos de!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: